夢物語ランジェリーガール

自分は今、自室で女房とエッチやる。ってもキスだけだが。
「野上……さんっ」
「さな……しよ……?」
キスも少々振りですなぁ。さなぇぇー。
「あ、困難。野上君!もっと10タイミングだから帰らなきゃ!」
「え、あ、二度と、こんな暇!少々ま……」
声を掛ける徐々に、女房は入口に走り去り、にこやかにほほ笑んで、
「ごめんね。パパに怒られちゃうから。続きはまた次回決めるね」
「……はぁ」
久しぶりで忘れていたけど、女房のマイホーム、門限厳しかったっけ?こんな事なら一際素早くやるんだった。
自分の女房・さなえ(さな)は体型は最高だし、特質も素晴らしい。広告何てなんにもある筈はない……ハズだったのだが、スゴイエッチが出来ないケースだけが面倒だった。
そういえばさなえのバースデイ、もうすぐか。何贈ろう。
殊に何を贈ればいいか分らないまま、次の休日、自分は巷へみずから書けて見るケースに。
ぶらりと巷を散策していると、目についたのは高価そうなランジェリーがどんどん並んだランジェリー職場。
みずから加わるのは少し気が引けたが、女房のお手伝いの結果、自分は入ってみた。そこで店長らしい女性が自分にお勧めを紹介してくれ、それを買ったのだが、こういうランジェリー……実機女体付属の特殊な肌着で……。
文献作品は旦那仕様品物で、夢物語女房とエッチしまくるアナウンス。
少々試用の容積が安い結果、どういうお話なのか掴みにくいのかがしばらく短所ではありますが、挿絵自体は非常にレベルが厳しく、エッチシーンもスゴイ!これは自信を持ってお求めできます。
どんなお話かというと、エッチにさして執着の薄い青年が、女房のバースデイお手伝いに肌着を貰うんですが、その肌着は夢物語ランジェリーという特殊な肌着だったのです。実機女体付属のおトライアル間ありというため、リカやナオミという、ランジェリーを見に纏った妖艶な美女たちとエッチしめくれるという……。
女房は!?正しくエッチするので問題ありません。サブタイトルのお客で何方とエッチするか分ると思うので、それで狙ったお話だけ貰うのも有りかもしれませんね。
妻のさなえとエッチするのは話し出しの終盤のお客になります。
なんにせよ、ヌきたいなら文献作品!女房肌着がマニア!ランジェリーを擦り込みたときのエッチがマニア!というかたにも良いですね。
文献作品はハンディコミックで配信中だ!
ともかく、正邪一度、試用を読んでみてください!後悔しない出来だ!
沖縄県の不倫調査